スポンサーサイト

記事タイトル枠
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバにアップロード・ダウンロードする

記事タイトル枠

ご無沙汰です、こんにちは!

1ヵ月以上更新しなかったもので、広告がどかんと表示されるという恥ずかしい状態になってしまっていました。気を付けます。。

今日は、フリーのFTPクライアントソフト「FFFTP」を使って、サーバへデータをアップロードする方法、またサーバからデータをダウンロードする方法を紹介します。

DreamweaverのFTP機能より速くて使いやすいので、DWを持っているという方も是非。

WEBサイトが完成、またはページを更新したら、そのデータをサーバにアップロードしますね。

DreamweaverがあればそのFTP機能を使えばいいのですが、それが無い場合。
FC2やその他のレンタルサーバの管理画面にも大抵ファイルアップロードのできるページがあります。
ただ、それだとファイル1つ1つを参照、選択、アップロード、としなくてはいけません。50枚の画像をアップロードしたければ、50回のファイル参照の作業をしなくてはいけないのです。

2つ3つのファイルをちょこっと更新したような時はそれでもいいのですが、初めてサイトデータをサーバへアップロードする時や、バックアップのためにサイトデータをそっくりダウンロードしたい時など、一度に大量のデータをやり取りするには効率が悪すぎます。

そこで、FTPを使ってファイルを送受信するための、FTPクライアントソフトを使います。
そしてその中でも、フリーで使えてシンプルで使いやすい「FFFTP」をおススメします。ただし、WindowsのみでMacには対応していません。

1、サイトよりFFFTPをダウンロード→インストールする。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

こちらのサイトにアクセスします。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

ここをクリックするとファイルがダウンロードされ、インストーラーが起動します。

2、ソフトをPCにインストールする

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

インストーラーが起動しようとするので、[実行]をクリック。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

インストーラーが起動します。[次へ]を押しながら進んでください。

3、FFFTPの起動と設定

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

インストールが完了すると、デスクトップにこのようなアイコンができていますので、ダブルクリックで起動します。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

FFFTPが起動します。
続けてサイトの設定をします。[新規ホスト]をクリック。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

「ホストの設定」ダイアログボックスが出ます。ここに、サーバのFTP情報を入力します。

  • ホストの設定名:サイトの名前など、任意に分かりやすい名前を付けます。
  • ホスト名(アドレス):サーバ会社より与えられます。
  • ユーザ名:サーバ会社より与えられます。
  • パスワード/パスフレーズ:サーバにアクセスするためのFTPパスワードです。
  • ローカルの初期フォルダ:PC上のサイトのフォルダを指定しておきます。
  • ホストの初期フォルダ:サーバ側のフォルダを指定する場合に使用します。

ホスト名、ユーザ名、パスワードは、レンタルサーバを契約した際にその会社より与えられるものですので、そちらを参照してください。

例えばFC2ホームページを利用している場合は、管理画面の「FTP情報」のページにある下記部分が該当します。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

パスワードをもし忘れた場合は、同ページ下部にある「FTPパスワードの変更」で新しいパスワードを設定するとすぐに使えるようになります。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

情報に従って、このように入力します。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

ローカルの初期フォルダは、テキスト入力ボックス右の[...]ボタンよりフォルダを参照することができます。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

ダイアログボックスのOKボタンを押すと、ホスト一覧に表示されます。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

4、サーバに接続する

サーバに接続する場合、接続したいサーバをホスト一覧から選択して、左下の[接続]ボタンをクリックします。
接続されると、下記のような画面になります。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

左側がローカル側(自分のPC内のデータ)、右側がホスト側(現在サーバにアップロードされているデータ)です。
DWと左右が逆なので、併用する場合は注意しましょう。

5、サーバにデータをアップロードする

サーバ側にローカルのデータをアップロードする場合、アップロードしたいファイルを選択します。
フォルダや複数ファイルを選択することもできます。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

選択したら、それを右側のサーバ側のエリアまでぐりっとドラッグします。
しばらく転送中の表示が出ます。転送が完了したら、下記のようになります。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

上記の例はサイトデータを全てアップロードする場合ですが、例えば、「cssフォルダの中のstyle.cssだけ更新した」という場合は、ローカル側、ホスト側それぞれ該当のフォルダをダブルクリックで開いて、同様にファイルをドラッグするだけです。

フリーソフトFFFTPを使って、サイトデータをサーバへアップロード・ダウンロードする

逆にサーバ側のデータをダウンロードする場合は、右側のファイルを選択して、左側のエリアへドラッグします。

PC内のファイルの移動のように簡単に使えて便利ですね。

お疲れ様でした!

[追記]:
今回紹介した「FFFTP」は、開発者の方によりサポートが終了しております。公開は続行されるということですので、使用することは可能です。
セキュリティに関する問題も言われておりますので、使用の際はサイトトップに記載のあるマスターパスワードの設定をしてください。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

ページトップへ戻る

コメントの投稿

非公開コメント

ページトップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。